寺院検索サイト いい寺.net | 葬儀・法要・水子供養の僧侶お勤め依頼もご相談可

戒名に上も下もない

戒名について基本的なことを理解しておくことで、いざという時に役に立ちます。この章では、『いい寺加盟和尚』の意見もおり交ぜながら、代表的な戒名の説明をします。
(なお、宗派によって多少異なることがご了承ください)

戒名(かいみょう)は、仏教徒として受戒(守らなければならない教えを授かる)した者に与えられるものであり、仏門に入った証となります。他にも法名・法号とも言います。つまり本来は生前に授かるものなのですが、死後に浄土で仏と成る浄土思想にもとづき、故人に戒名を授ける風習が生れ、江戸時代に入り死後に戒名を授けることが多くなったようです。

[和尚の独り言]
そもそも江戸時代以前は信心深い人か、偉~い人しか戒名なんて付けられなかったじゃないかな? 江戸時代、幕府が寺請制度を定め、民衆は、いずれかの寺院を菩提寺と定め、その檀家となる事を義務付けられたため、現在の戸籍に当たる宗門人別帳が作成され、その頃から民衆も戒名を授かることになったようです。ってことは現代において説明もしないで高い戒名料なんてもんを請求するお寺は江戸時代無理やり定められた寺請制度と同じことを今でもやっているってことか(―_―)!!

ちゃんと説明しろよ!!・・・ということで現代風に御説明致します。
「俗名」
戸籍名のことです。このままでは仏教徒ではないので、お経を読む必要も位牌を作る必要もありません。葬儀では宗教に関係なく「お別れ会」で良いのです。しかし日本人は宗教的な意味ではなく、「お経を上げないとあの世にいけない」といった感覚があり、俗名でお経をあげるという奇妙な現象が見受けられるようになりました。これも費用の面からなのか、宗教離れからなのか、何れにしても和尚の責任大です。<(_ _)>
「信士・信女」
一般的な信者の戒名です。これは信者に授けるものなので戒名料なんてものはないはずなのですが、葬儀の際お寺にとって都合の良い御布施の相場的なものを基準にして決めている和尚もいるようです。一方では良い和尚さんが戒名を授けてくれたことをよいことに、他の寺院に持って行って「戒名はついているから布施はこれだけで」なんて費用削減を目的にする人もいたりとイタチゴッコのよう(ToT)
「居士・大姉」
ちょこっとは仏門に入り仏道を志した者、菩提寺に多大な貢献をした者、残された家族が亡き人に対し感謝の念に絶えないといった方に授ける戒名。言わば称号のようなもの。実際に座禅会なのでは「○○居士さん」などと呼ばれます。位が上がるわけではなく、信心の深さを表しているわけで、あの世で信士よりも良いところにいけるわけではありませんのでお間違えのないよう。(^。^)y-.。o○
「院号」
高くいて有名な「院号」。最初は天皇家だけのものでした。武士が「殿」を付け、おまけに「大」まで付けて「○○院殿○○○○大居士」なんてものを見栄張ってつけたりしました。本来はお寺を建立したり、お堂を建てたり、全面修復を行ったり超~多大な貢献をした人に対して感謝の意をこめてお寺から無償で授けるのが「院号」です。明治以降では究極の奉仕として「お国の為に…」と言って散っていった者達に「院号」を授けましたが(勿論戒名料なんてものはありません)、現在は「親が院号だから」・「本人の供養の為」・「社会的立場が…」など全く授かる目的が変わってしまい、安易な発想で価値観が下がっているようです。

結局は「信士・信女」で立派な戒名であり、上も下もありません。

因みに浄土真宗では「釋○○」という法名が主であり、位号である「信士・信女」「居士・大姉」は基本的にはないが、「院号」はつく場合がある。

知っておきたい、訃報から納骨まで
急な訃報時は下記にご連絡、第三者機関、葬儀紹介ホームが良心的な葬儀社を無料紹介。24時間、年中無休。0120-97-9624。

▲PAGE TOPへ