寺院検索サイト いい寺.net | 葬儀・法要・水子供養の僧侶お勤め依頼もご相談可

葬儀に参列して焼香するけど、各宗派の焼香回数って?

焼香は、その空間を清め、自分自身を清めるために行います。また、焼香の煙はすみずみまで広く香りを届けるため、差別なく施しを与える仏様の慈悲を意味しています。しかしこのような仏教的な意味よりも、葬儀の際などでは、死臭を消すために欠かせないものであったと考えられます。要は「お清めと臭い消し」だったのでしょう。その為に昔から「埋葬するまで(現在は火葬するまで)香を絶やさずに」と言われてきました。

和尚の独り言
今は棺に入ってドライアイスで維持するので「臭い消し」としての必要はありませんが、「清める」という意味では線香や焼香はすべきでしょうね。

焼香の手順
*焼香台の少し手前で遺族と僧侶に一礼。(社会的儀礼では○ 仏教的には×)

社会的には必要な儀礼と思われていますが、仏教的には余計な、むしろ法要を邪魔する行為です。遺族が法要に向かう心を遮断し、挨拶の返礼を強要するものとなり、葬儀中ず~っと「米つきバッタ」のように頭を下げさせることになります。遺族との挨拶は法要中は避けるべきでしょう。

和尚の独り言
法要中、和尚に一礼して和尚がお経を読みながらその度に頭を下げられたならば有難味も薄れてイヤですよね。(―_―)!!
社会常識的な行いもケースによっては無用なこともあるんですよ!(゜-゜)

  1. 焼香台の前で祭壇と位牌(法要の場合は本尊と位牌)に合掌・礼拝(合掌一礼)、数珠を左手にかけ、右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまみます。
  2. 頭の高さまで持ち上げ、敬ってから焼香する。その際、香を持った指を上に向けないで、つまんだままの状態で持ち上げる。(浄土真宗は高く持ち上げずにそのまま香炉に入れます。)
  3. 宗派によって回数は変わります。1~3回)会葬者が多いときは、時間的な理由で1回だけくべる場合もあるようです。
  4. 再び遺祭壇と位牌(法要の場合は本尊と位牌)合掌・礼拝をし戻ります。やはり遺族に対しては邪魔をしないように何もせずに戻るべきでしょう。
宗派 焼香の回数 作法 線香
天台宗 1回又は3回 特になし 3本
真言宗 3回 特になし 3本
浄土宗 1~3回 特に決まりはない 1本(2本)たてる
浄土真宗本願寺派(西) 1回 抹香は額におしいただかず、そのままつまんで香炉へ 線香は香炉に横に寝かせていれる
真宗大谷派(東) 2回 抹香は額におしいただかず、そのままつまんで香炉へ 線香は香炉に横に寝かせていれる
曹洞宗 2回 1回目は頭の高さまで持ち上げ、敬ってから、2回目はそのまま香炉へ 1本たてる
臨済宗 1回 頭の高さまで持ち上げ、敬ってから焼香 1本たてる
日蓮宗 1回又は3回 頭の高さまで持ち上げ、敬ってから焼香 1本たてる
日蓮正宗 3回 頭の高さまで持ち上げ、敬ってから焼香 香炉に横に寝かせていれる

開眼供養ってどういう意味?

開眼(かいげん)
眼目を開くという意味から、仏教では「悟りを開くこと」をいい、「智慧の眼を開いて仏法の真理に目覚める」ことを「開眼」と言いますが、実際には仏像を製作する際、一番最後に「眼を描き込む」ことにより、人工の像に尊い魂が入って仏像に成ることから、「開眼法要」として儀式化し、新たに作られた仏像や仏画などを寺院伽藍また堂に安置する際、魂を請じ入れることを言います。

開眼の種類

  • 入仏開眼 … 仏具屋さんで、買ってきた本尊に「魂入れ」をして仏像とします。買ってきたままでは置物のような人工の像や絵と同じですよね。
  • 安牌開眼 … 新しく作ったお位牌に「魂入れ」をして本位牌とします。
  • 立塔開眼 … 「お墓」をただの石の建築から、仏様の魂が宿った墓碑にすることを意味します。
  • 仏壇開眼 … 本来これは本尊の入仏開眼と同じことですが、仏壇を新しくした場合などに行うことを儀式化したものです。

訃報後、蝋燭を絶やさないようにと聞いているが、どういう意味があるの?

ロ-ソク
「亡くなった後はロウソクを絶やさずに」というのは、「無事にあの世へ行くことができるための道しるべとなるように」という願いが込められていますが、昔は遺体が野生動物などに襲われることも多かったためそれを防ぐという意味もあったと言われています。

仏教的には「光明とは智慧のかたちなり」とあるように、仏教で智慧とは仏様の光明のことを表します。光は心の闇を明るく照らす象徴です。

知っておきたい、訃報から納骨まで
急な訃報時は下記にご連絡、第三者機関、葬儀紹介ホームが良心的な葬儀社を無料紹介。24時間、年中無休。0120-97-9624。

▲PAGE TOPへ