寺院検索サイト いい寺.net | 葬儀・法要・水子供養の僧侶お勤め依頼もご相談可

お布施のからくり

まず誰もが、お布施について疑問に思うのは、お布施をいくら包んだらいいのか相場がわからない点ではないでしょうか?

すでにどちらかの檀家の方でも、親戚や、身近な知人に聞いたが、はっきりした金額が不明だったということで、当事務局に相談されるケースも少なくありません。

お寺に支払う金額を、戒名料や読経料と呼ぶ人もいますが、この場合対価としての料金という意味合いが強いため、僧侶に渡す袋の表書きには「お布施」と表現します。
しかし、この点については遺族に対して、お布施の意味や、戒名についての意義をきちんと説明するお寺が希少であることが、少なからず影響しているものと思われます。
さらに、お布施の額も、数十万の違いが生じることで、消費者の不信感もますます増幅させています。

そこで・・・

お布施は無理をして、高額な費用を支払う必要はないということを把握してもらう為、まずは、「お布施の意味」について理解を深めていきたいと思います。
そして、近年のお布施の一般相場がどの程度なのかを表にまとめてみましたので、参考にしてください。

お布施って何だろう?

葬儀において、お布施のことで悩む時は『お布施の意義』について理解を深めるところに、その解決の糸口があります。

そもそも僧侶は、通夜・葬儀・法要などを通して遺族へ仏法の教えを説き、精神的な施しを行います。これを法施(ほっせ)と言います。遺族はこれに対して仏教の教えに感謝を表して僧侶へ施しをします。これを財施(ざいせ)と言います。
したがって僧侶が葬儀にてお経を読むのはビジネスとしてはなく、あくまで法施です。
遺族も葬儀でのお布施は、読経や法要執行への対価としてではなく、あくまで財施として行うというのが、本来の正しい考え方なのです。

ですので『お布施』は無理をしたり、その後の生活に影響が生じるほど、苦労して工面するものではありません。
経済的な事情がある場合は事前に住職に相談するといいでしょう。

お布施の一般相場とは・・・

お寺に関する疑問の中でも、多くの人がわかりにくいと思うのは『お布施の費用』のことではないでしょうか?

同じような戒名なのに数十万の格差が生じたり、与えられた戒名によっては数百万ものお布施を要求されたりと、実際の金額体系は非常に不透明です・・・。

そこで、ここではわかりにくいお布施の相場を『表Ⅰ』にまとめてみました。

単位:万 全体 北海道 東北 関東A 関東B 中部A 中部B 近畿 中国 四国 九州
寺院の費用 54.9 54.2 68.8 34.1 68.4 48.3 59.7 49.4 41.7 39.9 44.2

<財団法人>日本消費者協会 第8回『葬儀についてのアンケート調査』報告書 (平成19年)

関東Aは茨城県・栃木県・群馬県・千葉県、関東Bは埼玉県・東京都・神奈川県
中部Aは新潟県・富山県・石川県・福井県、中部Bは山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県

既にどちらかの檀家であったり、葬儀社にお寺を紹介された場合は、一度相談する必要があると思いますが、目安として上記の表も参考にしてください。

「お気持ちで結構です・・・」住職がはっきりした金額を言えないわけとは?

お布施費用のことで住職に尋ねても、「お気持ちでいいですよ」とはっきりした金額を聞くことができないケースが、多いのではないかと思います。

この点については、実はお寺の住職としても、とっても答えにくい質問なのです・・・。

なぜかと申しますと、前述にあった『お布施本来の意義』を前提としているためです。

お布施は本来、仏教の教えに感謝を表して僧侶へ財施(ざいせ)するもので
あるわけですから、初めから金額が定まっていないのです。

ですので、お渡した額によって、お経を読む時間が短くなったりすることはないのです。
なのに、一部のお寺ですがお布施額が一定以上でないとお勤めを受けなかったり、「ありがたく頂戴します」と受け取った布施に対して感謝の言葉もないような僧侶が現実に存在したりと、ほかの分野ではありえない事が起こっており、遺族の不信感をつのらせています。

お布施は法施を受ける側が、無理のない範囲でその時にできる精一杯のお寺への施しです。 その事をふまえつつ、まずは個々の事情を住職にお話して理解してもらうのが大切ではないかと思います。

親しい間柄でも、なかなか話しにくい経済的な事情もあると思います。
葬儀はしないけど、「火葬炉の前でお経を読んでほしい」など特別な要望もあるのではないでしょうか。
私たち『いい寺ねっと』は、このように人それぞれが不安に思うことや、お寺に関する疑問にお応えしていくことで、すこしでも皆さんのお力になるべく日々活動しています。
また、『いい寺ねっと』には、当事務局の思いと共感してくださっているお寺の住職が、皆さんの疑問や意向を、親身になって聞いてくれます。
迷う時こそ、事務局へ相談してくださいm(__)m

知っておきたい、訃報から納骨まで
急な訃報時は下記にご連絡、第三者機関、葬儀紹介ホームが良心的な葬儀社を無料紹介。24時間、年中無休。0120-97-9624。

▲PAGE TOPへ