寺院検索サイト いい寺.net | 葬儀・法要・水子供養の僧侶お勤め依頼もご相談可

お寺は末永く、家の仏事を任せる大切なパートナー

最近は宗教形式にこだわらず、無宗教で葬儀を行う傾向も増えてはいますが、日本で行われる葬儀のおよそ8割は仏式。いずれ向き合わなければならないお寺選びですが、インターネット上では、お寺側からの情報発信は少なく、参考になる専門誌も限られています。
そのため、理想のお寺を探す機会を失ってしまい、結果として身内の訃報により葬儀社を通じて、これまで面識のない僧侶に急遽、お勤めを依頼することが多いのが現状のようです。

実際の葬儀においても、仏式で葬儀を希望する方で、どこかの檀家さんではなく、とくに親しく付合いのあるお寺も存在しない方の割合のほうが高いのですが、

実は「とくに親しく付合いのあるお寺がない」場合、葬儀の際、あるいは後々の法要などで、トラブルに陥ることが多いのです・・・。

一部の業者により、以下のような悪質事例が生じています。

  • お布施がとても高額だった・・・
  • 葬儀後、法事のことで相談したいのに連絡が取れない
  • 紹介料としてお坊さんが業者にお布施の中から半分程度を返していると聞く・・・
  • いざ葬儀を行うことになり、親しく付き合いのあるお寺もないので、葬儀屋さんにお寺を紹介してもらったら、宗旨が違っていた!
  • お寺が存在しない

このようなことからも、事前にお寺を探しておくことで、未然にトラブルを回避できることは間違いないですが、数日で終わる葬儀と違って、お寺との関係は、後々の49日法要や1周忌・3回忌・・・と継続してお付合いをしていくことを、ふまえてほしいと思います。

仏式での葬儀では『先祖代々からの家の宗旨』に沿って葬儀や法要を行う風習は根強いものの、とりわけ、家の宗旨を引き継ぐ必要のない方なら、新しくお寺を探すことになりますので、制限されることなく、自由に自分に合った宗旨でお寺を求めることができます。
実際にも、都内流出による地方の過疎化が進み、これだけ都内周辺に移り住む人が増加すれば、『面倒見の良いお寺』、『優しい住職』を探す人はたくさんいるのです。

新しくお寺と縁を結ぶということは、まさに自分の代からお寺との関係が始まることになりますので、その選択はとても重要な意味を持ちます。
なによりも、かけがえのない大切な家族が自分の死後も、家の仏事を安心して任せることのできる大事なパートナーを探すわけですから、冷静な判断が可能な今だからこそできる選択なのです。

中には、檀家になることで、お寺から求められる『寄付』について心配をされているなら、率直に住職へ質問してみてはいかがでしょうか。
これから付合いが始まるのに不安があってはいけませんので(^_-)
ちなみにいい寺ねっとで案内するお寺は、とっても良心的な住職なので、個々の事情を十分に考慮して、頻繁に寄付を募るようなことはありませんのでご安心を!

いい寺ねっと事務局に
「どこかの檀家というのは抵抗はあるけど、せめて葬儀や法要は仏式で行いたいので、そんな時に、安心して長く付き合っていけるお寺を探してほしい」
というご相談を多く承っております。

答えは可能です。
末永く付き合っていくパートナーですし、すぐに結論を出すのはむずかしいのは当然です。
私たちとしても、納得できるまで、じっくりと検討してほしいと思っています。
こちらも実際の話でよくお聞きしますが、すでに霊園墓地をお持ちである方が、葬儀社や霊園に紹介され、法要に来た僧侶に支払う『お布施』が高額だったり、宗旨が違っていたなど、俗にいう、『偽僧侶』によって不快な思いをされたケースが多いことから、私たちのほうで、一貫して家の仏事ごとを任せることのできるお寺の住職をご紹介しています。

先祖の供養を大切にする日本人にとって、末永くお付き合いのできるお寺を見つけたいと思う人は多いですが、理想のお寺探しは、そう簡単なことではありません。
でも、冷静な判断ができる今なら、あなたに合ったお寺は、きっと見つかるはずです。
そのために私たち「いい寺事務局」がサポートしますから(^_-)

知っておきたい、訃報から納骨まで
急な訃報時は下記にご連絡、第三者機関、葬儀紹介ホームが良心的な葬儀社を無料紹介。24時間、年中無休。0120-97-9624。

▲PAGE TOPへ